heppoko-output

新卒でいきなりバンコクへ就職しちゃった22歳のブログ。食べ歩きと備忘録。

バンコクから車で8時間。スリン県で超ローカルな1泊2日を過ごしてきた。

バンコクへ越してきて、なんやかんやで約1ヶ月が経過しました。
生活基盤が未だ不安定で、なかなか更新できずにいますが…。

3日前、社長のお友達のタイ人のメー(タイ語で「お母さんの意味)が「うちの故郷の田舎においでよ!」って事で、突発ですがスリンという県へ行ってきました。

スリン県について

スリン県は タイ東北地方の南部に位置し、 ダンレック山脈を挟んでカンボジアと国境を接する
人口: 133万人
面積: 8124平方キロメートル
出典および詳細) 『★まるごとスリン(1)★ 県の現状&1日目』スリン(タイ)の旅行記・ブログ by ブヒブヒさん【フォートラベル】

どんなところ?

  • 像祭りで有名なところ
  • クメール遺跡があるところ
  • タイで最も貧しい地域らしい

…らしいです。メーが誘ってくれなきゃ全く知らない場所だったんですが、ググってみると地味〜にタイの観光地ひとつみたいです。

アクセス

バンコクからだと

  • 車(バス・タクシー)で6〜8時間 (500B前後)
  • 飛行機で40分(ドンムアン空港 〜 ブリラム空港) (1000B前後)

くらいかかります。
今回は行きは乗り合いタクシー(500Bで8時間)、帰りは夜行バス(400Bで6時間)を利用しました。

個人的な感想は、この2つだと絶対夜行バスのほうがお得&快適です。

乗り合いタクシー(9人乗りのハイエース)だと、出発地→到着地の目の前まで送ってくれます。
ですが、乗り合いのため窮屈なのとトランクに入り切らない荷物は床下や空いてるスペースにぶちこまれます。

それに飲み物やご飯などもありません。途中3-4回ガソリンスタンドやサービスエリアでトイレ休憩があるので、その際に自分で購入するか事前に持ち込むしかないです。(利用するタクシー会社にもよりますが)

その点、夜行バスはタクシーより値段も安い!席が広い!お菓子と飲み物もサービス!と良いことだらけ…。 バス会社によっては、 サービスエリアで1食無料でご飯も食べられるそうです。 しかし、指定の発着点でしか止まらないのでそこから宿泊地まではどうにかするしかないですね。当たり前ですが。

スリンへ行ってみた

バンコクのマンションから18時にタクシーで迎えに来てもらい、スリンのメーのお家へ到着したのが翌朝4時過ぎ。
その日は午前中爆睡してお昼に起床!しかしやることがない…。

がきんちょと戯れてみる

なのでココでメーの次に仲の良いメーの孫、5才児のシローくんとレゴ遊びとドミノをしてみる。
するとどこからか『シロ〜〜〜』とお友達登場。

f:id:liberal333:20180513001716j:plain
がきんちょと戯れてみた

英語もタイ語も通じないけど、とりあえずインスピレーションで鬼ごっこをしたり奴らが遊んでる様子を写真に納めたりして過ごしてみました。 自分の含め4人分アイスを買ってあげたらみんな喜んでました。ちなみにコレで30B(≒90円)くらい。

バイクに乗ってみる

写真撮るのも飽きたし、がきんちょたちどっか行ったし、やること無くなったな〜〜とおもったら…
メーの家にバイクが数台置かれてるのを発見!

乗っていい?って聞いたら『OKOK!私のはそこの赤いバイクだからそれ使いな!』と快諾してくれました。 田舎の一本道、周りは住宅地以外は高原に囲まれています。すげー長閑。

f:id:liberal333:20180513002303j:plain

因みにバイクは、WAVE110という日本では生産されてないバイクで、セミオートマのキックスターター式。 タイではカブはほとんど見かけないけど、このWAVE110か日本でも走ってるPCX150が主流っぽいです。

30分くらい道なりに進んでみたものの、あまり行き過ぎて戻れなくなるなるのも怖いのでとりあえず家路へUターン。

牛に遭遇する

家路へ戻っていると正面から何か来る!しかもデカい!ていうか退く気すらなさそう…。 てかなにこれ?

f:id:liberal333:20180512234115j:plain

牛!

そういえばメーから、そこらへん牛歩いてるけど攻撃もしないしすれ違ってもゆっくり過ぎ去れば大丈夫だよ〜って言われてました。
本当にふつーに歩いてるんですね…。

あとからメーに聞くと、飼い牛と牛使いらしいです。ここらでは結構牛使いが多いそうで。
色々細かくおしえてくれてましたが、語学力の乏しい私にはナニを言ってるのかはわからず…。

湖へ行ってみる

一旦家に戻って、エアコンの効いた部屋でネットサーフィンしてたら…
メーが湖行って来い!こいつらが案内してくれるよ!ってことで従いていくことに。

JK1年生くらいの子2人と9歳の少年がノーヘルで3人、私とシローと同僚だいちゃんで我々もノーヘル3人でとりあえず先導のバイクに従いていってみる…。 ていうかここヘルメット被ってるほうが珍しいくらい。

f:id:liberal333:20180513001446j:plain

ココで30分くらい待機したけど、蚊に刺されるは暑いはこいつらナニ言ってるかわかんねーわで正味10分くらいで飽きたのは内緒。 一方、がきんちょたちはというと、男子2人は川で石の投げ合い、女子はふたりとも彼氏なのか携帯でLINEしたり電話したりしてました。

なんだこの男女の時代差は…(笑)

f:id:liberal333:20180513004645j:plain

食べたもの

スリンで食べた美味しかったものベスト2。

タイラーメン

どこにでもあるタイラーメンでした。味はまあまあ美味しかったです。
コレとたぶんコカコーラみたいなコーラもセットで60B(≒180円)。

f:id:liberal333:20180513004944j:plain
近くの屋台ラーメン

トムヤムヌードルっぽいなにか

メーがお家で作ってくれたココナッツの薫りが効いたスープと素麺のような麺(米麺ではないっぽい?)をかけそばのようにいただきます。 トムヤムヌードルとは違って辛さはなくマイルドなお味。
タイ語で料理名おしえてくれたけどなんだっけ…(笑)。

f:id:liberal333:20180513005124j:plain
トムヤムヌードルっぽい何か

あとは、玉子焼きだったりチキンの照り焼きみたいな、可もなく不可もなし…なお味のご飯も。

逆にあまりお口に合わなかったのが、グリーンカレーと緑のマンゴー。
グリーンカレー好きなんだけど、辛さもなく苦味のある葉野菜たっぷりでアレは食べ切れなかった(@_@;)

その直後にデザートだよホラ食えよ!と出された日本にはないマンゴーを食べてみたものの、私が想像するマンゴーとは程遠いカリカリですごく辛かった…。何だったんだろう、あれは。

感想

突発的、行き当たりばったりで現地人に任せっきり…な旅でしたが、良い思い出でした。 1泊2日(厳密に言えば移動含めて1泊3日?)だったんですが、また来たいな!とは思いましたよ。

メー含め周りの親戚も「もう帰るの?もうしばらくいておきなさいよ!」と言われましたが、正直これ以上いるのは何もなさすぎてきつい…(笑)
ご飯や衛生面は大丈夫だったんですが、バイク乗るのとがきんちょと遊ぶ…くらいしかないのが退屈でしたが(笑) もう少し道を覚えたらバイクで遠出するなり時間潰せそうですが、まだまだ慣れるのには時間かかりそう…。

だけど、また2-3日休み取れる機会があれば是非ともまた行きたいです。像祭りも見てみたいし。

スリンの詳細リンク

thai-travelguide.click

4travel.jp