heppoko-output

新卒でいきなりバンコクへ就職しちゃった22歳のブログ。食べ歩きと備忘録。

Fire HD8をカスタマイズして母親の入門用タブレットにしてみる。【root化もPCも不要!本体のみで設定できた】

お正月についポチッと買って以降、バッテリーが切れて放置されたAmazonタブレットことFire HD8。 2週間ほど前、電源入れてリビングに置いてたら母親が触りだしてあれやこれやと言いだすようになってきました。

f:id:liberal333:20180218211506j:plain

「料理の検索がしたい」だの「スマフォ同様にYahooニュースがみたいだの」…。 FireHDじゃない、フツーのAndroidタブレットおよびスマートフォンならPlaystoreからアプリを入れるなりランチャーアプリをいじくるなりすればイイわけですが、如何せんAmazonタブレット。
Amazon様がカスタマイズして自由にカスタマイズが効きません。

というわけで、重い腰をあげてFireHD8をイジくってみたのでその備忘録。

準備

  • 「設定→セキュリティ→不明なソースからのアプリ」にチェックを入れる
  • Wi-fiに接続しておきましょう。(当たり前だけど)
  • Googleアカウントも事前に取得しておきましょう (あたりまえ)

その1.GooglePlaystoreが使えるようにする

コイツ、ベースはAndroidなんだけどアプリはAmazon独自のストアでしかアプリが追加できません。
業務用でない、というか一般のコンシューマー向けに売られたAndroid搭載の端末なら基本的に搭載している「Playstore」が使えないので自由にアプリがいれられません。

なので先ずはPlaystoreを使えるようにします。
そのために、以下の4つのAPKと呼ばれる魔法の錬金術を用意します。

1.Google Account Manager (Google アカウントマネージャー)
2.Google Play services (Google Play 開発者サービス)
3.Google Services Framework(Google サービスフレームワーク)
4.Google Play Store (Google Play ストア)

  • ココを押すと4つのAPKが入手できるので、順にインストールしていきます。
  • ※インストールしようとすると怒られる方は、「設定→セキュリティ→不明なソースからのアプリ」にチェックをいれてください。
  • 4までインストールが終えたら、「ホーム」のアプリ一覧の下あたりにPlaystoreが追加されていてアクセスできるようになっていると思います。

これで完了です。ね、簡単でしょ?

その2.ランチャーアプリを自由に設定する

ランチャーアプリって?… 「ホーム画面」とも呼ばれる電源入れたときに最初に表示されるアイコンがブワァー並んだページをカスタムするアプリことです。

f:id:liberal333:20180218213457p:plain

FireHDのホーム画面のコレ、ダサいじゃないですか。おすすめの映画だったり書籍を出してくれるのはいいけどいらない。
Amazonさんよ、我々はAmazonサービスを快適に使うためにこいつを買ったのでない、安いタブレットがほしいから買ったのだ。貴様の主張など聞いておらん。

あのクソみたいなホーム画面を変えるには、「Hijack launcher」という錬金術みたいなのを使用します。

手順

  • Githubで公開されているので、「Assets」の下にあるv3(記事執筆時)のapkをクリック&ダウンロード。 f:id:liberal333:20180218214414p:plain
  • ダウンロード完了後、本体の「設定→ユーザー補助→いちばん下の『To detect home botton press』」をタップしてオンの状態にする。
  • これで手順は完了です。
  • あとは、GooglePlaystoreで好みのランチャーアプリを入手してください
  • その後、「Launcher Hijack」を起動するとインストールしたランチャーアプリが表示されるのでタップします。
  • ホームボタンを押して画面があのクソみたいなヤツじゃなくなっていたら、完了です。めでたし②。

ちなみに、私が使用したランチャーアプリは「スマートランチャー」。
アイコン配列くらいしかできませんが、長押しなどの誤作動でアイコンがずれたり削除するのを防げるのでコレでいいかな。(実際、うちの母親よくタップして指を引きずってアプリを散らかすので…)

その3.アプリをインストール

これで、一見すると普通のタブレットに近い形になってきました。(細かいところはアレだけど)
あとは母親がスマフォで普段使っているアプリをぶち込みます。

  • Yahoo!公式アプリ
  • Yahoo!天気
  • クックパッド
  • Googleマップ・ストリートビュー (年寄りは地図やストリートビューでバーチャル旅行するの愉しいみたいよ)
  • Google Chrome (Yahooアプリで検索できなかったらコレ使えと教えてある)

これに加えて、以下のアプリを追加しておきました。

  • 楽天マガジン (私のアカウントに紐付け)
  • Googleフォト (タブレット用にGoogleアカウント作って、家族写真をアルバム共有して見れるように!)
  • TVer (オリンピックやドラマ見逃しも…見るかな)

Googleフォトは便利かもね

今までは、親戚が集まった時やボケた記憶がふと覚醒して(?) 「あの時の写真がみたい!」って言う度に私のiPadをクロームキャストして見せてたけど…
メンドクサイので、タブレット用アカウントを作成、そこに家族写真…というか母親に見せてもいい写真を共有アルバムにして設定しました。

スマフォのアカウントも紐付けたので、スマフォで撮った写真を、Googleフォトを通してタブレットで観る!のもコレで楽ちん…になったはず。

さいごに

root化不要、PC要らずでココまで出来てなかなかいい私的ライフハックになったんじゃないかな(笑)。 2台同時にやって、所要時間は80分程でした。1つやってしまえばあとはさーっと出来たんだけどね。

来春から実家を出て、海外で一人暮らしになるのでもう少し母親のIoTスキルをまとわせないといけない…。w
とりあえず、LINEは使えるようになったので連絡手段はなんとかなるかなぁってなったとこだけど…

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB

Fire TV Stick

Fire TV Stick

参考にしたサイト